綾瀬 皮膚科 綾瀬皮フ科クリニック 金属アレルギー ピアス

紹介先医療機関
患者の気持ち

金属アレルギー

金属アレルギーについて

金属アレルギーとは

アクセサリーや歯科金属などで同じ金属を繰り返し使用しているうちに、汗などの体液に触れて溶け出した金属イオンが体内に入り込み、これが免疫の働きによって異物として認識・記憶され、次にまた同じ金属に触れた時にアレルギー反応を起こしてしまうことを言います。
ピアスや歯科金属は直接血液や体液に触れるため、症状が生じやすいものです。

金属アレルギーの症状

金属アレルギーには、大きく分けて2種類の症状があります。金属接触アレルギーと全身型金属アレルギーです。

金属接触アレルギー
金属接触アレルギーでは、金属に接触している部分の皮膚が、主に痒みや発疹、水泡などのかぶれの症状が起こります。慢性化すると、治療が困難になってしまいます。
全身型金属アレルギー
歯科治療による金属、内服薬や食品に含まれる金属が体内に侵入して発症します。金属が口の粘膜や腸から吸収された後、汗として皮膚から分泌されると発症します。金属接触アレルギーと異なり、全身から汗と一緒に出てくるので、手のひらや足の裏によくみられます。また、脱毛や掌蹠膿疱症などの皮膚疾患として現れる事もあります。*
金属アレルギーの治療

金属アレルギーを起こしてしまったら、まずはとにかくその金属の使用を中止することが先決です。金属に接触している部分が皮膚炎を生じた時には、早めに皮膚科を受診しましょう。
多くはステロイド外用薬によって治療し、薬を塗れば1~2週間で症状は治まります。しかし、一度金属アレルギーになると大抵は一生続くので、その後はその金属と接触するのを避けるようにします。

クリニック概要


皮膚科・小児皮膚科・小児科・内科・アレルギー科

綾瀬皮フ科クリニック

〒120-0005  東京都足立区綾瀬2-26-15 第五鳥塚ビル2F

電話番号:03-3690-0148

診療時間 日・祝
9:00〜12:00
14:30~17:30

休診日:木曜、日曜、祝日