綾瀬 皮膚科 アレルギー 綾瀬皮フ科クリニック 乳児湿疹

紹介先医療機関
患者の気持ち

乳児湿疹

アレルギー外来について

乳児期に起きやすい湿疹をまとめて呼んだもので、乳児アトピーとも呼ばれています。
赤ちゃんの肌は乾燥に弱く、またよだれで口の周りが汚れやすい事も原因となります。
食物アレルギーと湿疹は、見た目での区別はつかない事も多く、アレルギー検査を行う事もあります。

出生後~4か月頃

お母さんのお腹の中にいる時のホルモンの影響で、皮脂の分泌が多いため、赤いじゅくじゅくした湿疹や、脂漏性湿疹という黄色い湿疹ができる事があります。
基本はお湯で洗って、皮脂を落としてあげましょう。
黄色く固まっている部分は、ワセリン等の保湿剤で少し柔らかくすると取りやすいです。
なかなか治まらない場合は、病状に応じて薬を使います。


この時期を過ぎても湿疹が強い場合は、アレルギー体質である可能性もあるため、適宜アレルギー検査を勧めています。

5か月以降

少しずつ皮脂の分泌が少なくなります。今までとは逆に、肌が乾燥しやすいです。
基本は保湿剤をこまめに塗ってあげましょう。口周りは清潔にしてあげましょう。

離乳食開始後

口周りが汚れやすくなります。
特定の食物でアレルギー症状(呼吸困難、蕁麻疹、湿疹、かゆみ、下痢、嘔吐、元気がなくなる等)が見られた場合は、検査・治療致します。


※アレルギーに関する相談は他院のデータをお持ちいただいても対応できます。但し当院の検査方針と異なる場合も多く、細部の治療方針が詰められない事も多く感じております。

10か月~1歳頃

肌が強くなり乳児湿疹の大部分は改善してきます。
乳児湿疹が強く出た子供は、この時期以降も乾燥が見られやすいため、乾燥肌の場合は保湿をこまめにしてあげましょう。

クリニック概要


皮膚科・小児皮膚科・小児科・内科・アレルギー科

綾瀬皮フ科クリニック

〒120-0005  東京都足立区綾瀬2-26-15 第五鳥塚ビル2F

電話番号:03-3690-0148

診療時間 日・祝
9:00〜12:00
14:30~17:30

休診日:木曜、日曜、祝日